2016年04月09日

最近の球種(ツーシームとか)

2016年度も、プロ野球シーズンが開幕しました。

私のお気に入りの阪神タイガースも現在首位!

幸先の良いスタートを切っています。

ところで、野球中継を見ていると、昔と違って違和感や疑問が沸く場面がチラホラ出てきてます。

未だに、ストライクとボールの順番に馴染まず。。

ツーストライク、スリーボールは、2−3!

3−2では、まだ違和感あり。。

それと、よく耳にするけど分からない球種。

ストレート、カーブ、シュート、スライダー位はわかるけど、シンカー、ナックルクルなどは最近聞かない。。

新たによく聞くのが、ツーシーム、カットボール、

これらについて調べてみました。




球種ツーシームってどんな球

以下、wikipediaから抜粋要約

□ ツーシームとは
ストレートに近い速度で沈む球である。また、指の力加減により軌道をシュート方向にも(一部の投手はスライダー方向にも)曲げることが可能である。

昔のスプリット・フィンガード・ファーストボールとは違うのか?!

握り方(投げ方)が違うが、速球で落ちるところは似た球種と言える。

□ カットボールとは
直球の握りから人差し指を少し中指側にずらして握り、リリースの際にボールを切る(カットする)様に投げる。直球に近い球速で小さく鋭く変化するため、打者からは直球との見分けがつきにくく、直球と思ってスイングしに行った打者のバットの芯を外して凡打に打ち取る目的で使われることが多い。横に曲がる、斜めに落ちる、縦に落ちるといった変化の種類があり、速球が真っ直ぐ進まずに常時このような変化をする投手もいる。

こちらも、速球で小さく変化するという球種のひとつ。

他にも、ワンシームもあるがこれはツーシームと似た球種。

シームとは縫い目のことで握り方により1回転したときの縫い目(シーム)の登場回数により、ワンシームとかツーシームとか呼ばれる。


ふーん、という程度のことでした。。
(´・д・`)




今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございます。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:野球
posted by まこちゃん at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 悩みを解決したい>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>