2016年02月15日

アインシュタイン150の言葉

アインシュタイン最後の宿題とされた重力波も観測されたことだし、

というわけでもないけど、

今日古本屋で見かけた、『アインシュタイン150の言葉』を買ってきました。




まあ、自分の意見以外をきく必要はないのではあるけど、面白いし参考になるので読んでみました♪





気に入った言葉

アインシュタインのことは、相対性理論の天才!

程度しか知りませんが、舌をペロッと出した写真を見るとユーモアのある人もしくは変わった人じゃないかと思ってました。


で、彼の言葉150の中でぱらっとめくった中で目に付いた言葉をいくつか紹介します。

【蝶はもぐらではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。】

【われわれはいろいろなことをするが、なぜそうするかは知らない。】

【熱いストーブに1分間手を載せてみてください。まるで1時間ぐらいに感じられるでしょう。ところが、かわいい女の子といっしょに1時間座っていても、1分間ぐらいにしか感じられません。それが、相対性というものです。】


実に面白い☆彡
(敢えて私の解釈は書きません)


今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございます。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:
posted by まこちゃん at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼのしたい>日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>