2015年06月19日

労働者派遣法改正で現場はどうなるのか?!

昨年の国会で2回も廃案になっていた、派遣法改正案が今日、衆議院で可決されたとの報道がありました。

労働者派遣法改正案が衆院で可決 参院へ



パート法もそうでしたが、こちらも、労働者を守ると言いながら現場では逆に労働者がつらい状況に陥ることが予想されます。




派遣法改正の内容

今回の派遣法改正では、

現行法の『26の専門業務(いわゆる専門26業務)を除き、派遣労働者の受け入れ期間は3年を上限とする』という制限を全ての業務において廃止するというもの。

それは、派遣者にさせてはいけない業務(いわゆる自由化業務)のあいまいな区別をする必要がなくなるのし、ファイリングやコピーを派遣者にも業務を意識しないで頼めるのもうれしい。

ただし私が気にかけているのは、『個人単位の期間制限』であり、

派遣先の同一の組織単位(課)における同一の派遣労働者の受入れは3年を上限とする点。

詳しくは、以下の厚生労働省HPの、概要を参照されたい。

【参考:労働者派遣法の見直しについて |厚生労働省

そしてこの法律の(本来の)目的は、3年を迎えた派遣労働者の雇用を守るため!であるはずだが、

これまで専門26業務で働いていた派遣労働者は、

これまでは、労働期間の制限はなかったが、

改正後は、派遣先の同一の組織では3年を超えて働くことはできなくなる。

つまり、派遣労働者Aさんは仕事の内容に関わらず、同じ職場で3年以上働くことが出来なくなることを意味する。

派遣受け入れ元会社でAさんに引き続き働いてもらうには、Aさんを社員として直接雇用するしかないが、人件費を抑えたい会社としてはそれは難しいだろう。
(改正派遣法では、それを期待しているのだろうが。。)

派遣受け入れ元会社としては、業務に支障がでなければ、Aさんにこだわる必要は無く、新たにBさんを派遣労働者として受け入れればこと足りる。


う〜ん、どうなることやら(´・ω・`)


では、また♪


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:仕事
posted by まこちゃん at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題のニュースが知りたい>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>