2015年05月16日

急増中のふるさと納税って何?

住んでいる自治体に納税するのが当たり前でしたが、税制を通じてふるさとへ貢献する仕組みができないか。
そのような想いのもと、「ふるさと納税」は導入されました。

納税者が自身の考えにより、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域、応援したい地域などを任意に選択して納税することが出来るのです。

ふるさと納税すると・・・

自治体に対してふるさと納税(寄附)をすると、ふるさと納税(寄附)額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されます。



ふるさと納税.JPG
総務省|ふるさと納税ポータルサイト


控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、確定申告を行うことが必要でしたが、今年の4月1日以後に行われるふるさと納税については、確定申告不要で控除を受けられる手続の特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。

ますます利用しやすくなったということです。




ふるさと納税のメリットは?

ふるさと納税(寄附)額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除される・・・

ざっくりいうと、所得税・個人住民税を今までどおり払うのではなく、

ふるさと納税して払った額から2000円を引いた額を所得税・個人住民税から引いてもらい、

寄付のお礼として特産品等をもらう。

(例:年収700万円の、扶養家族が配偶者のみ(1名)の給与所得者の方の場合、30,000円のふるさと納税をすると、2,000円を除く28,000円が控除されます。)

つまりは、払っている所得税・個人住民税の範囲内での話し。


寄付のお礼(返礼品)にもよるが、特にお得な制度とは思えないのだが・・

通販みたいに返礼品が選べるのが楽しいのか!?

地元の市町村に払いたくないので、好きな地域に払えるのがうけているか!?

寄附をする「使い道」が選べるようになっているのがうけているか!?


寄付のお礼(返礼品)は、ふるさとチョイスでいろいろ選べる。

同サイトには、

ふるさと納税とは?

控除の目安は?

ふるさとチョイスとは?

Q&A(よくある質問)

などの解説ページが充実しているので、そちらをじっくり読んでもらいたい。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by まこちゃん at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 悩みを解決したい>節税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>