2014年08月23日

岡田慎一郎 (著)【あたりまえのカラダ】を読んでみた。

岡田慎一郎 (著)「あたりまえのカラダ」を読んでみたら、結構面白かった。

あたりまえのカラダ.jpg


日本人の体の基本的な構造に基づいて、本来持っている機能・力を発揮する方法が面白く書かれています。

例えば・・

・疲れないイスの座り方、歩き方
・重い荷物の持ち方
・熟睡できる寝方
・愛ある握手、ハグの仕方
・楽にお姫様だっこする方法
・本当はエレガントなヤンキー座り
・胸のすく土下座

などなど・・





熟睡できて疲れが取れる寝る姿勢

自分が特に興味を持ったのが、寝るときの姿勢。

ここのところ、明け方に目が覚めて、朝起きたときに疲れが取れてない感じがしていたから。。


本によると、寝る姿勢が悪いと、本来休息のはずの睡眠時間中に、かえって疲れが体にたまってしまうこともあるそうです。


さて、寝るときの姿勢ですが、寝床に入ったときに両膝を曲げて膝を立てるとよいそうです。

骨盤と腰骨が真っ直ぐになって腰のそりがなくなるので、腰の負担もなくなり寝つきもよくなります。

これは、あお向けに寝る場合ね。


究極の理想の寝方は、実はサスペンスドラマの死体役!

うつぶせに寝て、顔を横に向け、両方の腕と膝を卍型に曲げて寝る寝方です。

これだと、腰のそりも少なく呼吸も楽、お腹も守れて超熟睡できる!


実際、自分もお昼にこの寝方で寝てみたら、だるかった体が楽になりました。

試してみる価値ありです☆彡


詳しくは、本を読んでみてくださいね。


あたりまえのカラダ (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

岡田慎一郎 イースト・プレス 2013-04-04
売り上げランキング : 15944
by ヨメレバ




富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>