2013年05月20日

朝日朝刊で向田邦子さんの記事をみた

今朝の朝日新聞朝刊の文化欄に『はじめての向田邦子』なる記事が載っていました。

写真 2013-05-20 19 33 04.jpg
【出典:朝日新聞朝刊 2013年5月20日付け】




向田邦子さんといえば

作家 向田邦子さんで思い出すのが、飛行機事故のニュース。

向田さんの名前は知っていたので、当時ちょっとショックを受けたのを覚えています。

そしてもうひとつが、ドラマ「寺内貫太郎一家」!

当時は頑固親父の役だった小林亜星さんが本当に怖くて、ドラマが終わった後も数年は、TVで小林亜星さんを拝見しても怖いイメージがありました。


今回の記事の中に、向田邦子さんの小説のフレーズ(!?)で『気に入らないものをはめるくらいなら、はめないほうが気持がいい』というのが紹介されてましたが、妙にこのフレーズに同調してしまいました。

そして向田邦子さんの小説を読んでみたくなりました♪

向田邦子さんの小説家生活は短かったようですが、結構TVドラマの作品になったのもあるし、たくさんの作品が残されていますよね☆彡




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:記事
posted by まこちゃん at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼのしたい>日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
>