2011年01月04日

自治会会計のお仕事とは

2010年度は、自治会の会計を引き受けました。
任期は1年で3月〜2月末が会計年度となっています。(あと2ヶ月!)






会計の仕事内容

会計の仕事は、要は自治会のお金の管理をすることです。
そのためにはお金の動きが分かるように、現金の出入りを帳簿に正確に記録しておくことが必要になります。

うちの自治会では、何年か前の会計さんがEXCELで帳簿の雛形を作ってくれています。
おかげで少しは楽ができそうですが、会計の知識が乏しい私は、勘定科目に戸惑うことも多いです。。(汗)
まあなんとか昨年度の会計さんの資料を参照しつつ、地道にこなしています。


もう少し具体的に自分が行なっている会計の仕事について書いてみます。

・集金された現金(自治会費など)を一時的に預かり、銀行に持っていく。
 →預かった際には、会計名で領収書を切る。
  (この領収書を切る作業が多く面倒くさい。。)
 →うちの自治会は400世帯を超えるので結構な額になり、紛失・盗難がマジ心配だった。
・自治会各部(会長、体育部、文化部、婦人部など)の予算を銀行から引き出し、各部長にお渡しする。
 →年度末に残金を回収
・会計帳簿の作成(電気代、水道代などの領収書を整理)
 →これも領収ハガキが多く、油断すると山のように溜まる。。
・自治会総会用資料(今年度収支実績と次年度予算案)作成
 →これがメインの仕事
・自治会費集金漏れがないかチェック
 →会計がするのもどうかと思うけど。。

 ・・・などなど

いずれにしろ、漏れ・誤りがないように、きちんとこなしていくことが第一です。


経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本 (ディスカヴァー携書)
久保 憂希也
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 1355



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:自治会
posted by まこちゃん at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼのしたい>日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>