2010年12月03日

フリーソフトのテキストエディタ「MKエディタ」を使ってみた。

テキストエディタは、かの有名な秀丸がありますが、シェアウェア(使用するには送金が必要)となっています。
あくまでフリーソフトにこだわり、使えそうなものを探していたら、「MKエディタ」というのがあったので早速ダウンロードしてみました。



MK-SQUARE.COM HOMEPAGE

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

秀丸と遜色ない

起動画面はこんな↓感じ。シンプルです。(^v^)



文字の入力はもちろん、検索・置換、マクロの登録まで「秀丸」そっくり (^-^;
自分的には使い勝手は全く持って問題ないです。

Vectorでも紹介されている

Vectorにもちゃんと登録されていました。

MKEditorの特徴としては、以下のようなものがあります。

- タブページ管理によるマルチドキュメント対応のテキストエディタです。
- 強調表示機能やクリッカブルURL機能、漢字コード自動認識/変換機能などがあり、汎用のテキストエディタとして使用できます。
- エディタ環境切り替え機能により、ファイルに合わせて好みのエディタ環境を簡単に呼び出すことができます。
- プロジェクト管理機能により、いくつものファイルを扱う場合、簡単にファイル管理を行なうことができます。
- MS-Office風のメニュー、ATOK/Netscape風などで表示可能なツールバーを実装しています。また、その他インターフェースのカスタ
マイズが可能になっていますので好みのインターフェースにすることができます。
- 高度な編集機能により、引用符編集などを簡単に行なうことができます。
- よく使用する文字列を挿入できる、署名/定型文字列/ファイルの挿入機能を実装しています。
- クリップボードビューア機能により、クリップボードを監視し、履歴を取ることができます。
- 豊富なオプション設定により、細かく好みの環境を作ることができます。
MKEditor for Windowsの詳細情報 : Vector ソフトを探す!より抜粋】

何でこんな記事を書いたのかというと、うちの職場では今さらながら、バカ正直に
秀丸のライセンスを購入することを検討しているのです。

なんて言っていいのか??




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by まこちゃん at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼのしたい>日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>