2010年08月24日

Windows XP でログオン後のパソコン動作が極端に遅くなる現象が発生

数週間前くらいからパソコンの動きが遅くなっていたのだが、どうやら自分のパソコンだけではないようだ。
今日自分の職場でも以下の情報が掲示された。

『Windows XP でメモリ容量が少ない場合に、起動ログオン後のパソコン動作が極端に遅くなる現象が発生しているようです。』


対処法

原因は、MicrosoftUpdateにあるようで、対処法は、
 MicorsoftUpdateの自動更新機能を無効にする
または、
 MicrosoftUpdateからWindowsUpdateに変更する

うちのパソコンでは、自動更新機能を有効にしていたので、早速無効に変更したら直りました。

参考ページ>[XP] wuauclt.exeとsvchost.exeが重い・・・・
      http://social.answers.microsoft.com/Forums/ja-JP/vistawuja/thread/7cb84526-a064-400b-a6ad-326535084f35

※自己責任でお願いします♪
自動更新機能を無効にするとMicrosoftUpdateまたはWindowsUpdateが自動で更新されないので定期的(毎月第2水曜日頃)に手動更新が必要となります。

自動更新機能を無効にする

手順は、以下のとおり。

更新プログラムをインストールする時刻を〜をクリック。


その他オプションをクリック。


自動更新を無効にするをクリックして、適用→OKをクリック。

以上で終了♪




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>