2010年08月11日

公的年金がいくらもらえるのか試算してみた。

会社が確定拠出年金(DC)制度を導入するにあたって、いったい自分はどのくらい公的年金がもらえるのだろうか調べておく必要がある。
十分にもらえると見込めるならば、DCは少なくても困らないけど、少なければDCを増やす必要があるからだ。

いざ、ねんきん定期便を片手に、シミュレーション開始!

関連記事>確定拠出年金(DC)投資について調べてみた。


試算結果に愕然

期待むなしく、年金額は予想をはるかに下回る額だった。。(^_^;)
というのも自分は自営業で国民年金に加入していた期間が長かったから・・。
これは、DCで稼がないと苦しい老後が待っているかも!?

試算で使用したページはこちら↓
自分で出来る年金額簡易試算(日本年金機構)

公的年金受給 : シミュレーション : マネー相談室 : @Money : Yomiuri On-Line (読売新聞)
こちらは配偶者分も試算できます。

※ねんきん定期便にも、年金見込み額が試算できるページがあります。

もっと簡単に試算できる

こちらのページから登録しておけば簡単に年金額が分かるようです。
自分も一応登録しましたが、ID・パスワードのお知らせが届くまで2週間程度かかるそうで、それまでは見れません。

日本年金機構:年金個人情報提供サービス(申請用トップページ)




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:年金
posted by まこちゃん at 20:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 悩みを解決したい>節税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速、シュミレートしてみました。
う〜ん・・・
生命保険会社の個人年金とかも一応、積み立ててますが、貯金ももっとしなきゃ厳しい〜(>_<)
でもこれから子供の教育費が、ど〜んと。
頭が痛いです。
Posted by hatenokuni at 2010年08月17日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
>