2010年05月25日

元国際プロレスのエース「ラッシャー木村」が亡くなった

今朝TVニュースで知ったのだが、元国際プロレスのエースだった、ラッシャー木村さんが、腎不全による誤嚥性(ごえんせい)肺炎のため都内の病院で死去したとのこと。

ラッシャー木村(ラッシャーきむら、1941年6月30日 - 2010年5月24日[1])は日本の元大相撲力士、元プロレスラーである。
本名は木村 政雄(きむら まさお)。北海道中川郡中川町出身。
若鷲、ラッシング・パワー、吠える闘将、金網の鬼、マイクの鬼、オトウト(弟)、ミスターマイクなどのニックネームで呼ばれた。
2003年よりプロレスリング・ノア終身名誉選手会長。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラッシャー木村といえば国際プロレスで、オックス・ベイカーやアレックス・スミルノフなどと死闘を繰り広げていたのを思い出す。
晩年は、全日本プロレスでジャイアント馬場を『あにき』と呼ぶマイクパフォーマンスで人気があった。
そもそもラッシャー木村は人前でしゃべるのが得意ではなかったようで、国際プロレス崩壊後、新日本プロレスに殴りこみをかけてきたときの第一声が「こんばんは〜」という挨拶だった。普通は「このやろ〜」とかの荒々しい言葉が出るはずなんだが・・・。
結構いいひとだったみたいです。

一応YouTube貼っておきます↓(上は30秒飛ばしてネ!)

 







にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by まこちゃん at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロレスについて知りたい>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
>