2010年05月23日

自分でも気づかないイビキを止めたい

自分ではなかなか気づかないが、中年になると「いびき」をかく人が増えるようだ。
特にお酒を飲んだ夜は、いびきをかくことが多い。

彼女や妻と寝るとき、社員旅行で同僚や上司と相部屋で寝るとき、自分の場合は娘と寝るとき、できればいびきをかきたくない。

という訳で今回はいびきについて調べてみた。




スポンサードリンク



なぜいびきをかくのか?

こちらを参考に調べてみた。
これで安心! イビキの傾向と対策 - [睡眠・快眠]All About

いびきは、息を吸うときや時に息を吐くときに、鼻やノドの空気の通り道が狭くなるため鼻やノドが振動することによりかいてしまう。

また、いびきには次の2種類があるそうで、自分は後者にあたるようだ。
  • 「のどいびき」:口を開けていびきをかいている人
  • 「鼻いびき」:口を閉じていびきをかいている人

いびき予防法

「鼻いびき」の場合は、鼻の中の空気の通り道を狭くしないことと、さらに広げる方法で予防する。
商品としては以下が該当する。

皮膚に貼って使うものと鼻の穴に入れて使うものがあるが、前者は値段も安く手軽に使えて違和感も少ないが効果は控えめ。
後者は値段も高く初めは抵抗があるが効果が期待できる。

  


「のどいびき」の場合は、睡眠中に下顎が下がって舌がのどに落ち込み、空気の通り道が狭くなるのを防ぐことで予防する。
仰向けで寝ないことで解決する場合もあるが、口の中に入れるマウスピース型のアイテムは効果が期待できる。

商品としては以下が該当する。

  


ハイテクいびき防止グッズ

最後にセンサー付きいびき防止商品を紹介する。
こちらの商品の効果については自分は理解できないので、購入に当っては各商品の説明ページをじっくり読んで検討して欲しい。

   


最後に

いびきをかくひとは日本に数百万人から2,000万人もいると言われているそうだが、睡眠時無呼吸症候群・花粉症・副鼻腔炎・甲状腺機能低下症・神経や筋肉の病気などの病気が原因でいびきをかくケースもあるので、ひどい場合は病院で診てもらうことをお勧めする。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 主任(主任クラス)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:いびき
posted by まこちゃん at 18:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 悩みを解決したい>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

私も体調悪いときや、はなづまりきつい時
に仰向けで寝るといびきが。

身体を横に向けて気道ふさがないように
すると、おさまりますが。

水中写真、応援ありがとうございます。
水中写真でランキングに出てるブログ
の数自体が150程度しかないので、
割と上位に来ることができるみたいです。

Posted by hatenokuni at 2010年05月24日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
>